出題範囲例年通り 令和3年度の高校入試は難しいか

YouTubeチャンネル登録

青森県の県立高校の入試の出題範囲が発表されました。

出題範囲は減らさない

ということが明記されました。

出題範囲の限定は行わない

東京都等は後半の出題範囲を削除しましたが、青森県は削除しないと言う方向性で決定したようです。

それに加えて、基礎的・基本的な問題を選んで出題されるとことも発表されました。

教育委員会からの発表はなくても、令和3年度の入試は易化するだろうと予想されていました。平均点を低く設定できないということです。

どういうことかというと、入試の平均点が低いということは中学校の指導力が低いということを意味するからです。

今回のコロナ禍で、中学校の先生はオンライン指導や分散登校など様々な工夫をして学習に遅れが生じないようにがんばってくれていました。

ですから、令和3年度の入試は平均点を低くすることはできないと予想できます。

このたび教育委員会の方から明確な発表があったことで、今年の入試の平均点が比較的高く設定されるであろうということが確定しました。

その一方で、点数が高い生徒と低い生徒の格差が大きくなるだろうということも予想されます。これに関してはまた別の記事で書いてみたいと思います。

出題範囲例年通り 令和3年度の高校入試は難しいか
The following two tabs change content below.
三國 清志
青森市出身、青森高校55回生。TCS認定コーチ。のんびり自由に塾を運営しています😄フィンランド、スウェーデンに教育視察に行きたい🇫🇮サウナも行きたい👀
最新記事 by 三國 清志 (全て見る)
YouTubeチャンネル登録